So-net無料ブログ作成

その15『実はやっかいな湿気の話』 [お掃除レッスン【きほん編】]

スポンサードリンク


お掃除マスターのピヨです(^^[るんるん]
いつもブログをご覧下さいまして、誠にありがとうございます。

【きほん編】その14では、なぜお掃除しない人がいるのかを分析し、客観的に見ることができましたね。

さて、今回のテーマは
実はやっかいな湿気の話』です。

皆さんは、部屋の湿度、今、何パーセントかわかりますか?

『60%位かなぁ・・・』
『うちには湿度計ないし・・・』

湿度は基本的に40~60%が快適と言われています。
では、カビ・ダニは湿度何%が快適だと思っているでしょうか?

『んー、考えた事も無いなぁ・・・』

カビ・ダニは湿度70%以上だと快適で、増殖・繁殖するそうです。という事は、湿度の高いお宅はカビやすく、ダニが繁殖しやすいです。
今まで、色んなお宅を拝見してきて、カビにより室内が傷んでいるのを何度も見てきました。

そういったお宅の共通点は
湿度が高い』『換気が悪い』という事でした。

今までの経験から、湿度が高いことにより
特に悪影響を受けるところをまとめました。

1)窓の結露により、ガラス回りのゴムや壁にカビが発生する。
2)押入れ、クローゼット内の床や壁にカビが発生する。
3)浴室内のコーキング部分にカビが発生する。

このような場所にカビが発生してしまうと・・・

それをキレイにお掃除するは本当に大変でやっかいです。
まれにカビキラーでも落としきれない時もあります。
ですから、そうなる前の対策が重要になってきます。

1)24時間換気がついている場合は、必ず『ON』にしましょう。
2)それが無いお宅の場合は、お風呂の換気扇を『ON』にして
各部屋の通気口は、開けておきましょう。
3)洗濯物を部屋干しするときは、窓を少し開けて換気しましょう。
4)押入れや戸棚の中には、『水取りぞうさん』などを入れて湿気を取りましょう。

皆さんは、今回のテーマについて、いかがお感じになられましたか。
湿度が高いのを長期間、放って置くと、カビがどんどん繁殖して
内装(壁紙、ゴム部)や建具を傷める事につながります。
もし温度・湿度計が無ければ、1つ用意されてみてはいかがですか?

部屋の『湿度』に意識を向け、コントロールする習慣を身に付けて頂ければ、嬉しい限りです。


※次回のテーマは
ダイソー凄すぎる!!オススメお掃除用品編』です。
 それでは、お楽しみに(^^[るんるん]

スポンサードリンク

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。